高石市にある、注文住宅・リフォームを行っている畑中工務店の中野と申します

もうすぐハロウィンですね

スーパーでも百均でも、いろんなお菓子やグッズが売られており、ついついお菓子のパッケージが可愛くて買ってしまいます

私が子供の時などは、ハロウィンなんてなかったのに、今ではすっかり日本でも定着していますね

それにハロウィンだけでなく、秋はだんじりや運動会、遠足、文化祭、とにもかくにも忙しい季節。

あっという間に12月になりそうですね早すぎる。。

 

さて、今日はコンセントのことをちらっとご紹介します。

注文住宅では、間取りやプラン、色決めや仕様、とにかく決めることがたくさんあります。

その中の、配線計画もその一つです

照明の種類や位置、スイッチの位置、コンセントの数。

これを図面とにらめっこしながら決めていくことになります。

でも実際住んでみると、ここにつけとけばよかった

と思うことが、多々あります。

建物が完成してから増やすとなると、費用もかかってくるので、できるだけ使うだろうと思うところにオプションでも増やしてコンセントを配置していくのも一つです。

他は、家を建てた方に聞いてみて参考にするのもいいですね♪

畑中工務店でも、コンセントのご希望で多い箇所をピックアップしてみました

 

① クローゼットの中のコンセント

→最近、ハンディタイプの掃除機やお掃除ロボットを使う方が多くなり、収納したまま充電できるようにと、クローゼットの中に付けるお客様が多くなりました!!

 

② カップボードのコンセント

→カップボードには、炊飯器やケトル、オーブンレンジ、トースターなどたくさんの家電用品を置くことになります。一度に全てを使うことはあまりないですが、ブレーカーが落ちないように、専用のコンセントを2か所設置することが多いです。

 

③ モデムやルーターの基地局の設置

→今はどの家庭にも、インターネットができる環境があります。そのため、モデムやルーターなどごちゃごちゃっとした配線機器が、埃もたまるし、見た目もよくないから表に出したくない!! ということで、クローゼットのあまり使わない天井近くに、コンセントや配管を配置し、機器を隠してしまうことが多いです。

 

④ シューズクロークのコンセント

→お子様がいて、電動自転車を使われている方には、シューズクロークのコンセントがおすすめです。バッテリーを充電するのに、あまり家の中に持ってあがりたくない時に、シューズクロークの土間のところで充電ができると便利です♪

 

⑤季節のことを考えて

→時期によって、使ったり使わなくなったりするものがあります。例えば扇風機や暖房機、クリスマスツリーなど。。季節を通して考えてみると、意外にこんなところにコンセントが必要だと思うことがあると思います

 

現在公開中の羽衣モデルハウスでも、実際に住むことを考えて、上記のコンセントを各場所につけています。

ぜひ、コンセントのことも考えながら、モデルハウスをご見学してみてくださいね

 

LINEで送る