畑中工務店株式会社

木と鉄の家

木と鉄を組み合わせた梁

木と鉄を組み合わせた梁

地震に強く!家族の安全をお守り頂けます。

木と鉄の家の骨組み

Panasonicテクノストラクチャー工法のこだわり

1.木に鉄を加えた「テクノビーム」を使用

構造部材の【強度】にこだわって開発・仕様を規定

家づくりでは、最も荷重を受ける梁を強くすることが、住まい全体の強度を高めることにつながります。 木材に鉄骨を組み合わせた複合梁を採用し、長い年月が経っても強い家を維持します。

補強が必要な場合

地震のときに、柱が基礎の土台から、また梁から抜けないようにする補強金物です。【ホールダウン金物】阪神大震災以降で木造の場合義務付けされました。
地震の強さは引き抜きの強さとも言えます。
テクノストラクチャーは「土台と柱、梁と柱はドリフトピン」で緊結します。
構造計算で引き抜きが不足している場合は「あくまで補助として、ホールダウン金物」を利用します。
構造計算でホールダウン金物が必要でない場合もございます。

2.実物大の住宅に震度7の揺れを5回加えた耐震実験

実物大のモデル住宅に強い揺れを与え、耐震性能を確認

耐震実験

耐震性能を確認するために、阪神・淡路大震災(震度7相当)と同じ地震波で振動実験を実施。
実験住宅は、耐震性の高い単純な間取りとせず、現実的な間取りで敢えて厳しい条件に。主要構造体に損傷・変形が見られず、強度が実証されました。

3.建てる前に一棟一棟緻密な災害シュミレーション

388項目もの独自の厳しい構造計算基準

建築基準法では、2階建て以下の木造住宅では構造計算が義務付けられていませんが、一棟一棟、間取りが違う木造住宅こそ構造計算は必要だと考えます。
テクノストラクチャーでは、独自の厳しい基準を設け、法律に定められた水準を大きく上回る388項目ものチェックを全棟で実施。

地震に強い家の構造計算

構造計算とは・・・

法律に沿った木造住宅は、基準が10項目程度、一般的に行われている構造計算は約200項目に対し、『木と鉄の家』は388項目の構造計算チェックを行います。厳しい自社基準を設けるチェックすることで、お客様のお住いの安全性を大切にしています。

家の構造が、安全性をお守りするには大切なことですが法律上、『基礎の強さ』『梁の強さ』『梁接合部の強さ』『床の強さ』はチェック基準にはなっておりません。

構造計算を行い『Panasonic』が保証書を発行

Panasonicが保証することを表します。

4.地震時に身を守るだけでなく、地震後の暮らしも考えた耐震等級3【最高等級】

建築基準法の耐震基準の1.5倍の地震力に耐える強さ

耐震等級は住宅の耐震性能を評価する表示制度で、等級は1~3まで。
最低ラインの等級1は建築基準法を満たすというレベル。大きな地震時に身を守れたとしても、地震後に暮らし続ける家としては不安が残ります。
テクノストラクチャーでは、消防署など重要な建物と同じレベルの耐震等級3(等級1の1.5倍)を推奨します。

木と鉄の家の耐震等級1~3の違い
耐震等級1一般的な木造住宅
耐震等級2一般的な病院や学校などで採用される(避難所レベル)
耐震等級3消防署や警察所を新築する時に採用される基準と同じ